スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク

プラセンタとは

プラセンタとはPLACENTAという英語で「胎盤」という意味です。胎盤は、哺乳動物の母体の中にいる胎児の発育のためには必要不可欠な組織です。胎児への栄養補給のためにたくさんの栄養素がこの組織に集中し、貯えられています。



一部の地域では出産を終えた母親に滋養のために胎盤を食させる風習があったといわれています。また、人間以外の哺乳動物は、出産直後に自分の胎盤を食べてしまいます。これも、栄養豊富な胎盤を食べることによって、産後の体力回復に役立てるためとされています。



プラセンタ(胎盤)は出産を終えると同時にその役割を終え、母体から排出されます。よって、プラセンタは、胎児側の臓器と見られています。プラセンタが存在するために、母体と胎児の血液型が異なっていても、母体から胎児への栄養の受け渡しがスムーズに行われるとされています。



プラセンタの成分は、すべて解明されてはいません。一般的には栄養素を豊富に含むだけではなく、細胞分裂を促進する生理活性物質も含まれているといわれています。この5000種類ともいわれる生理活性物質や酵素エキスが蓄えられているのがプラセンタの大きな特徴です。



プラセンタの成分は、人をはじめ牛や豚などの哺乳動物には、ほぼ共通のものといわれています。しかしながら、狂牛病騒ぎがあって以来、牛の胎盤は使われなくなったようです。最近使用されているものは人間以外では豚か羊や馬の胎盤です。



現在日本では薬事法の定めにより、人間のプラセンタは医療用のプラセンタ注射液や点滴以外には使用することができません。したがって、プラセンタ注射、点滴には人間のプラセンタ、そのほかの化粧品や、サプリメントには豚など哺乳動物のプラセンタのエキスが使用されています。ちなみに、人間の胎盤は出産後に医療廃棄物として、産婦人科から集められているそうです。

プラセンタ サプリメント 最新一覧 By 楽天

































































sponsored links
google検索
selected entries
categories
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM