<< プラセンタの効能 | main | プラセンタで美肌 >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク

プラセンタと育毛効果

プラセンタエキスが作り出される胎盤には胎児の発育に必要なさまざまな栄養と体の働きを活発にする物質である生理活性物質が豊富に含まれていることはよく知られていることです。



それらは、例えば、たんぱく質・脂質・糖質の三大栄養素であり、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニンなどの必須アミノ酸のほか、グリシン、アラニン、アルギニンなど、十数種類のアミノ酸が含まれています。また、ビタミンB1・B2・C・D・E・ナイアシンなどのビタミン類のほか、カルシウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラル類を豊富に含んでいます。さらに、アルカリホスファターゼ、酸性ホスフアターゼ、ヒアルロニダーゼなど、少なくとも100種類を超える酵素が含まれていることも確認されています。



プラセンタエキスには、さらに、わずかな量で細胞の分裂・増殖を促す成長因子という物質も多数含まれています。成長因子には、神経を成長させたり、血管を新生させたりするなど多様な働きをするものがあるなど、10種類以上もの成長因子があることが知られています。



そのなかに、インスリン様成長因子(IGF)というものがあります。インスリン様成長因子には、1と2があり、そのうちの1のほうのインスリン様成長因子-1(IFG−1)には育毛効果があるとされています。



名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授によると、インスリン様成長因子-1(IFG−1)の産生を増加させると、育毛、だけではなく肌の老化防止作用にも効果があるとしています。インスリン様成長因子(IFG−1)は誰でも体内に持っているものなんですが、IFG−1の血中濃度は13歳〜17歳が最も高い値を示しそれ以後減り続け、50歳で底値になることが知られています。



したがって体内のインスリン様成長因子1(IGF-1)を増やすことで、IFG−1が毛母細胞の成長を促し育毛効果を得ることが出来るとされています。



ところで、近年インスリン様成長因子-1(IGF-1)をスポーツ選手が筋肉増強や疲労回復、脂肪を減らすなどの効果を求めて使用している例があるとされています。その結果、無差別に細胞性徴を促すことにより脳浮腫や、血糖値が急激に下がることで昏睡状態になる危険性が指摘されています。ドイツの重量挙げ選手が、過度のIGF1使用と疑われる症状で死亡した例も報告されているようです。



プラセンタの場合は、通常の使用量であれば、インスリン様成長因子1(IGF-1)だけを突出して摂ることはないので育毛の効果を期待できてもその他の悪影響を心配することはなさそうです。しかし、何事も適量が基本ですから過剰に取りすぎることのないようにしたいところです。間違った使用方法をすると思わぬ結果を導き出すことがあると言うことです。

プラセンタ サプリメント 最新一覧 By 楽天








































































JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策



スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

sponsored links
google検索
selected entries
categories
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM